郁文堂書店再生プロジェクト

INDEPENDET WORK

 

プロローグ

2016年、馬場正尊研究室・夏季休業課題として「空き物件のリノベーションを妄想せよ」という課題が与えられたのです。それは山形県山形市七日町シネマ通りにおけるエリアリノベーションのアイディアをシンポジウムにて発表するものでした。そこで私たちが対象物件として選んだのが「郁文堂書店」。山形市エリアリノベーションの象徴であるとんがりビルの隣にあるちょっと不思議な建物です。シャッターを閉ざしているのにも関わらず、朝顔のグリーンカーテンが燦々と咲いている様子に心惹かれ対象物件としました。

シネマ通りは、かつて6つもの映画館があった山形の文化の拠点。朝から晩まで人が絶えず賑わっていたとのこと。ここで商売を営んでいた郁文堂書店は、斎藤茂吉や司馬遼太郎、井上ひさしなど名だたる文化人が訪れ「郁文堂サロン」と呼ばれていたのだそうです。 妄想から一歩踏み込んで私たちが提案したのは郁文堂書店の1日復活。 2年に1度開催される芸術祭「山形ビエンナーレ」最終日、プログラムディレクターのひとりであるナカムラクニオ氏の協力のもと「無人書店7次元」を開催。想像を超える100名以上の来場があり、本格的にリノベーションの可能性が見えてきました。

 

まちとともにつくる文学の拠点

郁文堂書店の1日復活を受けて、「新生郁文堂書店」の計画が始まりました。 コンセプトは「人と人のつながり」から生まれる「人と本のつながり」、「人と本のつながり」から生まれる「人と人のつながり」。本のある空間を通して、新たな出会いを創出していく文学の拠点を目指していくことにしました。 資金調達を目的にクラウドファンディングも実施し、まちの人たちの支援を受けて一体感をもってプロジェクトを推進していくことが実現しました。

 

知識の本棚

まず考えたのが、本を通じたコミュニケーション空間をつくるということ。準備したものはレンタルできる本棚のみ。書店のなかに自分だけの本棚をつくり、まちに知識を蓄積していく「知識の本棚」を設置しました。「本棚をみればその人がわかる」という言葉があるように、言葉を交わさない自己紹介をする場にもなりえるのかもしれない。まちの書店にはさまざまな可能性を秘めている。

data

クラウドファンディング

プラットフォーム:CAMPFIRE https://camp-fire.jp/projects/view/12383

プロジェクト期間:2016.11 - 2016.12

目標額:80万円

達成額:100万円

支援者数:148人

 

credit

担当者:OF THE BOX追沼翼 + 芳賀耕介

リターン協力:荒井良二・喫茶白十字

プロモーション協力:ナカムラクニオ