山形ヤタイDIYワークショップ

Independent project

 

山形ヤタイの大きな特徴は、ホームセンターで手に入れられるツーバイ材や針葉樹合板、レジャーシートなどの材料のみでつくれるため、場所の条件に左右されずに制作できる点である。部材のカットは購入時にホームセンターで行い、自分で行うのは墨出し、穴あけ、ビス打ち、シートの加工のみ。インパクトドライバーさえあれば製作可能である。

 

最初は山形を拠点に始まった小さな活動であったが、DIYワークショップを全国10地域で開催し、各地で活用が広がっている。ヤタイは空間を変化させ、コミュニティを変化させるきっかけになる。ワークショップを機に新しいヤタイも誕生し、ねずみ算式に自己増殖している。図面やノウハウを提供すれば、とりあえず使ってみようという手軽さがヤタイにはある。このような「共有知財としての建築」がこれからの都市空間に求められている。

 

date

セルフビルド

時期:2017 -

所在地:池袋・横手・盛岡・山形・江差・一関・板橋宿・八幡浜・木綿街道・都筑・江津

用途:什器

プロジェクト期間:継続中

 

credit

担当:OF THE BOX 追沼翼+堀内敦央